« 【Reve21】腹式呼吸がはやってます!? | メイン | スパ・ゲストハウス »

緊急事態に子どもたちは……

こんにちは。
途上国の子どものための村づくりを進める国際NGOプラン・ジャパンの久保田です。

さて、プラン・ジャパンでは月に一度、「マンスリー・サロン」と題して途上国の問題を皆さまとともに考える場を設けています。
2月21日(水)に開催される今月のサロンのテーマは「緊急支援と子どもたち」。

(写真は、緊急支援の現場)

緊急事態で、もっとも危機的な立場に置かれる途上国の子どもたち。
昨今、自然災害が頻発していますが、「自然がもたらす危機」はもちろん、それに乗じて起きる「社会的な危機」も子どもたちを襲います。
例えば、緊急事態では水や食糧の支給にばかり目を向けがちですが、避難民キャンプでは子どもへの虐待が増えるなどがその顕著な例。
そこでプランは、子どもたちの視点を大切にした支援を心がけています。

当日は、2006年に発生したジャワ中部地震の事例を取り上げながら、現地を視察した職員がご説明します。
途上国問題に興味がある方ならどなたでも参加できますので、ぜひお越しください!
日本の子どもたちはお受験シーズンですが、世界の子どもたちのことを考えるいい機会になることと思います。
お申込みなどの詳細はこちらからどうぞ。


teikaizou%E3%81%8F%E3%81%BC%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%82%88%E3%81%95%E3%81%BE02.jpg

国際NGOプラン・ジャパン